LICHT

-光-


<< PHPに“最悪”のセキュリティ・ホール | main | 1円で61万株 61万円で1株 >>



 スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





 Google特許要約、これからのSEO対策要点 

・被リンク数・アンカーテキストを考慮して評価する

・急激な被リンクを獲得するサイトはスパムとみなす
→ゆっくり、じっくり被リンクを増やそう

・相互リンクは依然有効な手段だが、節度あるリンクに留める


Googleが運営する各種サービス(Google DesktopやGoogle Toolbarなど)
からユーザーのブックマーク・お気に入り・履歴を参照して評価材料に
している可能性がある
通常のユーザー動向は監視されている

時間・ページ年齢に応じて、評価を上下させている
→スキーのサイトは夏よりも冬の方が検索結果で上位にくるかもしれない

ページの更新頻度・更新量も監視されている

ブックマーク→サイトにブックマークリンクを作成しましょう!

・微小な更新はかえって評価を下げるかも

・Googleはドメイン名の登録期間・登録情報も考慮する
たとえば、一年単位での登録更新よりも、5年/10年単位での更新の方が
ドメイン所有者の信頼性が高まるため、結果として高評価を得る要素に
なり得る。


同一IPアドレス上で運営されている共有サーバーを利用している場合、悪意をもって
(リンクを増やすなどの方法で)リンク先の評価をさげる

Whois情報は定期的に監視され、評価基準となっている


・サンドボックス理論
新興サイトは一定期間の年月を経過しないと、高いランクを獲得できない

情報は時間とともに時代遅れなもとなっていくが、コンテンツ内容が古くなっていて
それに対するバックリンクも古い場合、そのページは”昔は人気だった”とみなされ
る。しかし、再びコンテンツに変更がなされ、バックリンク元でも更新され始めると、
(また新たなバックリンクが発生し始めると)そのコンテンツは再び高評価を獲得する。


posted by 22:51comments(0)trackbacks(0)pookmark





 スポンサーサイト 

posted by スポンサードリンク 22:51 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://licht.jugem.cc/trackback/303