LICHT

-光-


<< Ajaxって「あやっくす」or「えいじゃっくす」? | main | 安達祐実、「スピードワゴン」の井戸田潤がデキちゃった結婚 >>



 スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-|pookmark





 中国でSkype利用制限の動き 

 中国政府は、通信事業に影響を与えている人気インターネット電話サービスSkypeへのアクセスを遮断する準備を進めている。オンライン新聞のShanghai Dailyが伝えた。

 中国最大の固定電話キャリアChina Telecomは、南部の深川でサービスへのアクセスを遮断済みだが、この禁止措置を中国全土に拡大する見通しだと同紙は報じている。

 同社の深川支社では、ユーザーがSkypeなどのVoIP製品を使っているのを見つけた場合に罰金を科す制度を導入したと言われている。

 さらに同紙によれば、ユーザーがコンピュータ端末経由で電話をかけられるVoIPソフトを政府主導で制限する準備を進めているという。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/10/news009.html

国が違えば法律も違う訳ですが、中国でVoIP製品に対する規制の動きがあるらしい。

中国を旅行してきた人の話では、中国では電話する時も会話の内容に注意が必要らしい。当局の悪口でもいうものなら公安に逮捕されかねないからだそうだ。

聞いた話なので当局電話監視の話もどれだけ本当なのかはわかりませんが、どうやらそういう国らしい。中国のヤフーhttp://cn.yahoo.com/で天安門事件(六四事件)について調べるとポートスキャンされたり、再アクセスが出来なくなるって話も聞く(ポートスキャンについては確認済み)。

マーケットは自由経済なのに、政治は社会主義の国。それが中国なんだと実感せざるを得ない。
一国の政府も介入し始めている程、既存の電話インフラにとって変わり得る影響力をもつVoIP。その中でも大きな成功を収めているSkypeがインターネットオークション最大手ebay.comに買収されたというニュースが飛び込んできたのは12日。
Skype in/outがPaypalで可能となれば便利になること間違いなし。

日本国内でも国内割り当て番号を取得する方向で努力してもらいたい。

国内の努力といえば、Skypeの国内代理店?となっているLivedoorの堀江貴文社長が今回の総選挙に広島六区に無所属で立候補して亀井静香ちゃんに堂々と負けた訳ですが、私としては堀江さんが国会議員になったらこんな政策を進言して欲しいという一週間の束の間の夢をみさせてもらいました。

その一つがVoIPへの働きかけ。音声品質を一定値以上で維持出来ないと認可が下りないらしいですが、IT関連でも従来の規制や制約のために実現できない便利な技術が沢山あるはずです。そういった規制の一つ一つを堀江さんに指摘してもらって、新しい技術が受け入れられるような法的整備をして欲しかった。

VoIPの現状を見ていると、以前ソフトバンクの孫正義氏が、「Docomoとauにだけ番号を割り当てて酷いじゃないですか!」新規歳入事業者にも番号を割り当てて欲しいと意見していたことを思い出します。今ではe-accessも携帯電話事業への参入を始めているようです。

これから半年、一年をかけて携帯電話業界も大きな変化が起こるはずです。
その大きな変化はソフトバンクやe-accessが参入する新しい携帯電話規格によってもたらされるはずです。

新たな新規事業者の参入によって、より安価で質の高いサービスが提供されることを今から期待しています。
posted by 23:49comments(0)trackbacks(0)pookmark





 スポンサーサイト 

posted by スポンサードリンク 23:49 |-|-|pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://licht.jugem.cc/trackback/271